着物買取トップアイキャッチ画像

着物買取で口コミ評判の良い業者に着物を売ろう!


<スポンサードリンク>



着物を売るか捨てるか保管しておくか

着物は生地の質や仕立てなどに差はありますが、古くから召し物として使用されてきた日本の伝統品です。
現在では、普段着として着用している人は少なく、特別な時に着るフォーマルウェアとして着用されることがほとんどではないでしょうか。
着物を着こなしている人を見ると、それだけで気品を感じますよね。

しかし、先祖代々受け継いできた着物や、成人式、厄落としなどの節目で着物を作ったが着付けも自分では難しい為、着る機会がなく箪笥の中にずっと仕舞っている着物をどうしようかと悩んでいる方も多くいるようです。

今後、現在お持ちの着物や反物、和装小物を使用する機会が無いと思ったら、思い切って着物買取業者に買取ってもらうことをオススメします。

着物は高級品で、産地や織りによっては数百万をくだらない価格の着物が普通に販売されています。

着物買取業者に買取を依頼し、いざ大切な着物を売ることを想像すると、購入した時、譲り受けた時の思い出が甦り手放したくなくなってしまうこともあると思いますが、全然使う機会もなく箪笥に仕舞いっぱなしでは着物は何の価値もありません。

これから先、着物は一般的な洋服とは違い、着物の買取価格が急騰するとことはないと言われています。
カジュアルに着ることができ、着付けも簡単にできる着物の需要はあるようですが、昔ながらの伝統的な着物の需要はこれからどんどん少なくなっていくことでしょう。

また、箪笥の肥やしになっていた古い着物が驚きの高値で売れたという話も耳にします。
これを期に、お持ちの着物の価値を確かめ、不要な着物は上手く高価買取をしてもらいましょう。

着物買取で高く売れる織物・染色品

日本には全国各地にその土地の風土や気候に合わせて作られた染織物の文化が残っています。
そこで、着物買取で高く売れそうな、日本を代表する有名な染織物を調べてみました。
着物買取査定に出す前に、こちらでお確かめ下さい。

西日本エリアで代表的な織物・染色品

西日本エリアでは、沖縄県と京都府の染織物が特に有名です。着物買取沖縄紅型の画像
その中でも沖縄県は織り処と呼ばれる様に、「久米島紬・紅型・首里織・琉球絣・与那国織・八重山上布・知覧花織・喜如嘉の芭蕉布・宮古上布」等々名立たる有名な反物があります。

京都は染め物が中心の文化で、繊細で奥ゆかしい絵付けで粋なものが多く、代表的なものでは、「京友禅・京小紋・鹿の子紋」があります。
また、「京都西陣織」は、宮廷文化に育まれたデザインがとても華やかで、高級絹織物の代名詞にもなっています。

その他には、石川県の「加賀友禅」は鮮やかで大胆な花柄の絵画調の絵柄が特徴的で、振り袖にも映える綺羅びやかな柄として多くの人に好まれています。

東日本エリアで代表的な織物・染色品

東日本エリアは、染め物で有名なのは愛知・東京で、織物は新潟や東京がよく知られています。
その中でも有名な染色品として一番に名が上がるのは「友禅」です。
友禅は主に「名古屋友禅」「東京手描友禅」があり、
「東京手描友禅」は、模様絵師によって染付られる江戸の粋な雰囲気を表現した洒落感のあるものが多く、
「名古屋友禅」は、落ち着いた色合いが多く、色数を抑えて配色を一つの濃淡で表す技法が特徴的です。渋さが際立ち、質素倹約の土地柄から生まれた伝統技法です。

江戸時代に尾張の藩士がのぼりや旗印などを作る長として認められたのが始まりで伝わった「名古屋黒紋付染」も有名な染織物です。

織物の中でもよく知られているのは群馬の「桐生織」です。

江戸時代には「西の西陣、東の桐生」と言われるほど有名で、金襴緞子や糸錦のような高級織物が特徴的です。

また、東京の「村山大島紬」は、錦織物と玉繭の絹織物が交わって作り上げられる紬物の中でも最高級品です。
ほかに有名な染織物では、「結城紬・小千谷縮・小千谷紬・信州紬・塩沢紬・十日町明石ちぢみ」等があります。

着物には染物、織物それぞれに、柄や雰囲気が異なりますが、どれも歴史と文化が支えて作り上げられた逸品ばかりです。

着物高価買取の秘訣

着物買取の高額査定が期待できる条件には、以下の二つが大きくかかわります。

「高級な着物か」「人気のある(時代とニーズにあった)着物か」どうか。

「でも自分で買った着物じゃないから、買った時の値段なんてわからない。」
「遺品整理していたら着物が大量に出てきて、自分は着る予定もないから買い取ってほしい。」

という人も多いと思います。
そこで、高価買取が期待できる着物のポイントを紹介します。

着物高価買取の秘訣 -保存状態-

着物買取査定をするにあたって、重要なのは買取をする着物がキレイな状態で保管をされてpoint1
いたか、シミや汚れなどが付いていないか
という所です。
着物を着用した後、洗い張りやクリーニングを行わずにそのまま箪笥の中に仕舞っておいたりすると汗ジミや汚れが沈着して変色したり、虫がついたりします。
この様な汚れは、一般的な洋服の様にあとで落とすことが困難で、正絹生地を傷めてしまう為に買取価格が大幅に低くなったり最悪の場合買取をしてもらえないこともあります。

礼服の喪服や黒い無地着物、羽織は使用したシーンを連想させてしまう為、買取をする業者は数少ない様です。

しかし、何度も着用している着物でも、お手入れをキチンとして、正しい保管方法で保管されている着物は長い間良い状態を保つ事ができます。
古い着物でも複数点、査定に出すと値段が付かない様なものでも少額ですが買取ってもらえる可能性もあります。

着物高価買取の秘訣 -生地-

着物の価値その物は、大きく分け「正絹」「合繊」等の生地の素材の違いと、「織」「染」の技法の違いによります。着物買取振袖の女性
訪問着や振り袖・留袖は着物の種類の中でも上級の正装ですが、近年、価格が低く気軽に着れてお手入れも簡単な合繊・化繊着物の人気が高くなっています。

着物の買取査定価格は現在の人気不人気とは別の条件が加わります。

訪問着や留袖はフォーマル性の高い着物ですので、着物の買取依頼をするときは、より高級で生地も正絹のものがニーズが高く販売しやすいくなる為、買取価格も高値になります。
現在人気の高いウール素材の着物や化学繊維の着物は買取価格が付かない場合が多い様です。

一般的にお値段がつかない生地の着物や汚れのひどい着物も引き取ってくれたり、少額で引き取ってくれる業者もありますので、
着物買取査定に出す時は、口コミ評判の良い業者に売ることをオススメします。

着物高価買取の秘訣 -産地-

まずは、全国の各地にある染織物でも有名なものかどうかを
確認しましょう。

一般的に高級で時代を問わず人気が高いものに
「大島紬・友禅・越後上布・芭蕉布・結城紬」などがあります。
着物の知識がなくても、一度は聞いたことがあるという染織の銘柄ではないでしょうか。

着物買取で高く売れる織物・染色品

着物高価買取の秘訣 -作家・職人-

合わせて確認したいのが、有名な作家・職人の作品かどうかです。
国宝級の作家や職人のものが、箪笥の奥から出てきた…という話もよく耳にします。

久保田一竹・喜多川平朗・玉那覇有公・北村武資・平良敏子・由水兄弟・伊達弥助・木村雨山・中村勝馬…など
着物の織り職人や染職人には多数の作家がいますが、一度チェックしてみるとよいでしょう。

日本独自の文化として発展してきた着物は、歴史や地域の環境や文化で違う特徴を持ち受け継がれています。
伝統工芸品に指定された染織物は、無名の着物より高額査定が見込めます。
有名なお店や作家のものでなくても、目利きの査定師がいる買取業者なら、見逃さずにチェックしてくれます。

これまでに買取実績が多く、口コミ評判の良いのおける買取業者に着物を売ることで、高額査定の期待も高まります。

着物高価買取の秘訣 -販売元-

次に、販売元がしっかりと分かるところで購入しているかどうかです。
有名なデパートや呉服店や問屋で購入した着物は、その販売元が分かるだけで着物に安心感という付加価値が付きます。
老舗デパートの「高島屋・大丸・三越、呉服店では、銀座越後屋・銀座志ま亀・やまと」などがあります。
着物を購入したら、たとう紙に包んで保存すると着物を良い状態で保存することができます。
たとう紙には購入した店舗名が書かれているのでたとう紙でどこで購入したか確認できます。

着物買取と同時に和装小物も一緒に売る

着物買取小物の画像着物を着るときは必ずバッグや草履、足袋や長襦袢、半衿、帯や帯締め…等々沢山の和装小物も一緒に身につけますよね。

もちろん着物を購入する方はこの和装小物も同時に購入するかと思います。
和装小物は、着物一枚にワンセットで揃えるものではなく、手持ちの着物の雰囲気を変えるアイテムになります。
着物をよく着られる方や、着物を数点お持ちの方は和装小物もそれ相当の数を持っていることでしょう。

中でも帯は「着物一枚、帯三本」と言われている様に、高価な着物を買うことは出来なくとも、帯を変える事で全身の雰囲気をガラリと変える事ができる着物の必須アイテムです。
着物の枚数は少なくし、帯や和装小物のバリエーションを増やせば、オシャレにアレンジを効かせ着物を着こなす事ができます。

着物買取帯の画像着物を買取ってもらおうと査定をお願いする場合、これらの和装小物も合わせて査定してもらいましょう。
基本的に和装小物は、査定対象外となる業者が多いですが、買取ってもらえる買取業者もあります。

↓和装小物や着物関連商品を何でも査定してくれる買取業者です

着物や反物と合わせて購入したような場合は、それらをセットとして買取査定に出すと良いでしょう。

帯や草履、草履とバッグのセットは、和装小物の中でも金額が高く、着物とのコーディネイトも出来上がった状態になるので、着用をイメージしやすく前向きに買取をしてもらえるかもしれません。

気軽に相談や質問ができる口コミ評判の良い買取業者であれば、不安や不満なく、気持ちの良いやり取りができ、満足感が高まります。
着物買取をお願いする時に、小物についても一度相談してみるとよいでしょう。

着物の種類 -フォーマル着物-

着物イコール正装というイメージがありますが、着物の種類によって使い方が異なります。

まず、正装として着用するフォーマル着物には「留袖」「訪問着」があります。振袖の女性のイラスト
よくフォーマル着物を着るイベントといえば結婚式が挙げられますが、フォーマルきものとして披露宴で着用する場合、新郎新婦との関係性や立場の上下、年齢、既婚か未婚かなどによって着物の種類が決まります。

一般招待客として招かれた場合は「訪問着」仲人や既婚の姉妹でしたら家紋の入った「留袖」を着るというのが一般的です。
下半身の前後に柄が入った留袖は、洋装で言うところのローブ・デコルテドレスクラスの最上級礼装です。

若い未婚の女性であれば、袖が長い「振袖」が留袖と同等クラスの正装となります。
上下半身両方に柄の入った「訪問着」は、洋装で例えると、カクテルドレス級。
展覧会やホテルでの会食等、かしこまった場で着ると華やかさが添えられて幅広く使える着物です。

しかし、家紋はそれぞれの家で違うものですので、着物の買取査定の時には家紋入りの留袖ですとマイナスポイントになることもあります。
それに対し、訪問着であれば正装としても申し分なく、柄も華やかなものからシックなものまであるので、依頼する着物買取業者によって買取価格に差が出やすい着物でしょう。

着物の種類 -カジュアル着物-

カジュアルな着物といえば、「小紋」「紬」でしょう。着物買取小紋の画像
小紋は、正装の留袖や訪問着と比べると、柄も小さく、前後で柄が繋がるような大きな絵は入っていません。
気軽に行くパーティーやレストランウエディングなどに向いています。

紬の特徴は、織り上がった生地に絵をのせるのではなく、糸の段階で色付けをし、織りながら柄を作り出しているという所です。
紬は普段着として古くから愛されてきた馴染み深い着物ですので、丈夫で着やすく色味も汚れが目立ちにくい物が多いです。

紬織りの技術は、伝統技法として無形文化財にも指定されており、その為有名な作家の着物となれば、数百万円もする着物もありますが、あくまでも紬は洋服で例えるとジーンズクラスです。

一部のコレクター向けに高額な査定金額が出る紬織りもあります。
着物買取依頼をする際にはお手持ちの着物の価値を確認するためにも一度相談して査定に出してみましょう。

 

無料着物宅配査定のできる口コミ評判の良い買取業者さんです
着物買取のヤマトク